ID #1126

【重要】SAがインストールされたWindows 10へのアップグレード適用について

2017/08/17 18:00(JST)更新

重要なご案内

FogosPROのクライアントモジュール『セキュアエージェント』(以下SA)がインストールされたWindows 10端末に対して、アップグレードを適用しないようにしてください。

アップグレードを適用する場合、SAをアンインストールした状態で適用し、適用完了後にSAを再インストールしてください。

※アップグレードの適用にあたっては、事前検証を必ず実施してください。

 


確認されている事象

SAがインストールされた状態で、Windows 10アップグレードを行うと、以下の事象が発生します。

1.SAのサービスが削除され、SAが起動できなくなる

2.SAのサービスが削除されるため、SSO(シングルサインオン)構成では専用USBメモリーによる認証や、一時パスワードの発行が利用できなくなる


上記事象が発生した場合の復旧について 

SAの上書きインストール、または再インストールで復旧できます。

 


対応について

Microsoft社への問合せ、および弊社社内での調査を進めております。

「アップグレード」の定義について
Windows 10に対して1年に2~3回提供される機能追加を含むリリースです。通称「Anniversary Update」「Creators Update」等の大型アップデートが該当します。
※毎月1回定期的にリリースされる、セキュリティ修正プログラム、信頼性修正プログラム、バグ修正プログラムは「アップグレード」の範囲には含まれません。Microsoft社は「更新プログラム」として表記しております。
※Windows 10リリース当初に提供されていた、Windows 7・Windows 8.1からの無償アップグレードは本説明の「アップグレード」の範囲には含まれません。
 
 

対象製品

FogosPRO製品全般


管理番号:S1298
 

タグ: -

関連エントリー:

このエントリーにコメントできません。